ご予約・お問い合わせはこちら

オンライン配信

オンライン転職セミナーとは|メリットやデメリット、開催方法を解説

オンライン転職セミナーとは|メリットやデメリット、開催方法を解説

オンライン転職セミナーに対して、興味や意欲を持っている企業もあるのではないでしょうか。しかし、概要や特徴がわからないと、開催に踏み切るのをためらってしまうかもしれません。

そこで、今回はオンライン転職セミナーについて詳しく解説します。メリット・デメリットや開催の流れも説明するので、開催時に活用してみてください。

オンライン転職セミナーってどんなもの?

オンライン転職セミナーってどんなもの?
オンライン転職セミナーとは、インターネット上で開かれる「合同企業説明会」のことです。人材紹介会社や求人メディアなどが主催して行われます。なお、転職セミナーは「転職イベント」「転職フェア」などと呼ばれることもあります。

従来はオフラインでリアルに対面する形式が多かったですが、非接触非対面の需要が高まり、オンラインでの開催も増加してきました。自宅に居ながらにして参加でき、短い時間の中で多くの企業とつながりを持つことが可能です。

また、転職活動におけるビジネスマナーや書類の書き方を学ぶことができたり、業界・業種の説明を受けたりする講座形式のタイプもあります。

オンライン転職セミナーのメリット

オンライン転職セミナーのメリット
転職セミナーをインターネットで行うと、どんな利点があるのでしょうか。オンライン転職セミナーにおけるメリットを紹介します。

参加のハードルが低い

参加者にとっては、移動時間や交通費がかからないため、節約しながら自宅などから気軽に参加できる点がメリットです。また、参加者の住んでいる場所を問わず開催できることから、企業にとっても多くの参加者に期待できます。

実際の現場の情報を深く知れる

参加者は、求人情報には掲載されていない詳しい情報を、実際に働いている人の口から直接聞くことができるというメリットもあります。

求人誌などの限られた掲載枠の中では伝えられる情報も限定的になりますが、セミナーでは詳しい内容を口頭でかみ砕いて解説してもらえます。

一方、企業側は、自社をアピールする工夫を凝らすことにより、雰囲気から社風を伝えることも可能です。

応募をする・しないにかかわらず直接質問ができる

参加者は、できる仕事の範囲や結婚・出産しても働けるかどうかなど、気になることをチャット機能などで質問することが可能です。質問したからといって応募しなければならないわけではないため、リアルな対面時よりも気軽に聞きやすいといえます。

新しい出会いがある可能性も

セミナーには多くの企業が出展しているため、参加者は今まで知らなかった業種や企業とつながれる可能性が高くなります。学歴や経験に左右されず、これまで興味のなかった職種の企業と知り合うことで、選択肢の幅も広がるのがメリットです。

企業にとっても、よい人材との出会いに期待できます。

長所や適性に気づくことができる

参加者は、企業の人の話を聞くなかで、自分が気づいていなかったアピールポイントを知れたり、自分に縁がないと思っていた業界に興味がわいたりすることもあります。

また、反対に、やはり今の仕事が自分には合っている、その企業が自分に向いていないということに気づく人もいます。

企業にとっては異なる業界からの新しい人材発掘のチャンスです。

オンライン転職セミナーのデメリット

オンライン転職セミナーのデメリット
オンライン転職セミナーには、前章で伝えたようなメリットがある一方でデメリットも存在します。どんな点がデメリットなのかを解説していきましょう。

内容に偏りがある可能性もある

セミナーによっては、内容や参加企業が偏っている場合もあります。思っていたような出会いが見つからない可能性もあるため、注意が必要です。

オフラインに比べてつながりが希薄

オフラインで実際に対面して開催される転職セミナーは、求職者と企業(担当者)との距離の近さが魅力の1つです。

オンラインセミナーツールでは参加者側のカメラやマイクがOFFになっていることも多く、オフラインに比べてどうしても双方のつながりが薄く感じられてしまいます。そのため、未だにリアルで開催されるケースも多いです。

人によってはメリットがない

オンライン転職セミナーでは必ずしもよい相手に巡り会えるとは限りません。

すでに転職の方向性が決まっている場合や、セミナーの内容・出展企業の話が自分に合っていない場合、前述したようなメリットがないと感じる人もいます。

また、企業にとっては、参加者が自社に合わない人ばかりだとあまり出展した意味がないと感じられる可能性があります。

自社でオンライン転職セミナーを開催するときの流れ

自社でオンライン転職セミナーを開催するときの流れ
ここからは、自社でオンライン転職セミナーを開催する場合の手順について要点を説明します。詳細を知りたい方は、あわせて以下の記事をご覧ください。
参考記事:オンラインセミナーのやり方とは|開催方法や注意事項などを紹介

ターゲットや目標の設定

セミナーでは、ターゲットや目標(ゴール)を決めることが重要です。どんな人に参加してほしいのか、開催して何を達成したいのか、参加してもらった結果どうなってほしいのかなどを考えましょう。なお、目標はわかりやすいよう数値化するのがおすすめです。

開催日時を決める

つづいて、オンライン転職セミナーの日時を設定します。特に初めて開催する場合は準備にも慣れていないため、当日までにやるべきことを考え、余裕を持ったスケジューリングを行いましょう。

また、多くの人に参加してもらうためには、ターゲットが参加しやすい日時にすることも重要です。

企画制作・内容決定

つづいて、どんな転職セミナーにするのか、構成や内容を作り込んでいきます。話すべき内容・ターゲットの潜在的なニーズ・関連トピックなどを箇条書きし、取捨選択してからそれぞれのトピックの順番を決め、内容を深掘りするとよいです。

開催に不慣れなうちは、他社のオンライン転職セミナーを参考にしてもよいでしょう。

資料作成

セミナーの内容が決まったら、オンライン転職セミナーで参加者に配布する(または見せる)ための資料を作ります。文字のサイズや色を見やすくする、適宜写真やイラストを使用するなど、視覚的に分かりやすい資料にすることが大切です。

スライドやPDFなど、形式も考慮して作成しましょう。

セミナー配信ツールを決める

オンライン転職セミナーを開催するときには、動画配信ツール(プラットフォーム)を使用します。さまざまなツールがあるため、自社に合ったものを選びましょう。選び方やおすすめツールについては、以下の記事で解説しています。

参考記事:オンライン配信を活用してウェビナーを開くには?ウェビナーツールの選び方のポイントを紹介

使用するツールが決まったら、ツール内で開催日時の設定も忘れずに行ってください。

必要な環境や機材を用意する

オンライン転職セミナーを配信するには、安定した速度の通信環境や配信に使用する機材を準備しなければなりません。

通信環境の面は、配信では動画データをアップロードするため「上り」の通信速度が重要なので、安定して5Mbps以上保っているかどうかを目安にすると安心です。また、機材はカメラやマイク、照明などが必要になります。以下のページもご参照ください。

参考記事:オンライン配信にはどんな機材が必要?マイクやカメラなど用意したいものを紹介

なお、環境や機材を用意するのが大変な場合は、配信用のスタジオをレンタルする方法もあります。

告知・集客をする

準備と並行して、オンライン転職セミナーを開催することを告知し、参加者を募りましょう。集客は、ホームページ・SNS・セミナー情報サイト・チラシなどさまざまな方法で行うことができます。

詳しい集客方法は、「オンラインセミナーの集客方法13選を紹介|集客効果を上げる8つのポイント」をご覧ください。

開催期日になったらセミナーを配信

当日は、スタート日時より早めに準備を進めましょう。定刻より早くから参加する人もいるため、開催日時の少し前にアクセスします。

また、進行の確認や万が一のトラブルに備えて、当日より前にリハーサルをしておくことも大切です。

参加者が飽きにくい工夫をする

オンライン配信の参加者は、ボタン1つで入退室ができ、カメラもOFFになっている場合が多いため、オフラインに比べて離脱されやすいという特徴があります。途中退室されるのを防ぐには、進行や話し方などに飽きないような工夫が必要です。

寄せられた質問に答える

参加者から寄せられた質問には、真摯に回答しましょう。回答がないと、せっかく質問したのに答えてもらえなかった、と気を悪くさせてしまう可能性があります。セミナーの時間内に対応できなかった内容は、別途メールで回答するなどのフォローをすることも大切です。

事後アンケート・アフターフォローを行う

オンライン転職セミナー終了後には、セミナー内容の満足度などを確認するためのアンケートを実施しましょう。また、参加してくれたことへのお礼メールなどのフォローも行い、その後につなげていければ一層よいです。

オンラインセミナーにおけるアンケートの重要性やポイントについて、詳しくは以下の記事をご覧ください。

参考記事:オンラインセミナーやイベントでアンケートを実施するメリットとは|効果的に作る3つのコツ

オンライン転職セミナーの配信にはKOUTENの利用もおすすめ

オンライン転職セミナーの配信にはKOUTENの利用もおすすめ
オンライン転職セミナーを配信する際、スタジオをレンタルする方法があることに触れました。首都圏近郊でスタジオをお探しの場合は、KOUTENを利用してみてはいかがでしょうか。おすすめポイントを挙げていきます。

専属スタッフがサポート

KOUTENでは、配信内容に応じた専属のスタッフをお付けします。撮影や配信をしっかりサポートするので、オンライン配信に慣れていない企業も安心してお任せください。

雰囲気の異なる3種類のスタジオ

KOUTENには趣の異なる3つのスタジオがあり、内容や好みにあわせて選ぶことができます。和のテイストを感じられるAスタジオ、飾りつけのできる大きな棚が背景になっているBスタジオ、白を基調としたシンプルな構造のCスタジオの3種類です。

開催するオンライン転職セミナーのイメージに合うスタジオを選んでみてはいかがでしょうか。

撮影機材やインターネット回線が整備されている

KOUTENでは、撮影・配信に必要な環境が整っています。本格的な4Kカメラやスイッチャー、マイクなどの機材に加え、200~500Mbpsという高速インターネット回線を完備。万が一に備えた予備回線も用意しています。

さまざまな配信ツールを利用できる

KOUTENでは、YouTube・Zoom・Vimeoなど、名だたるプラットフォームの生配信に対応しています。自社に適したツールを選んで配信することが可能です。

リーズナブルかつ一律料金

KOUTENは、リーズナブルでわかりやすい料金体系も特徴です。プロが使うような専用機材や道具、控室、専属スタッフがそろっており、料金は一律で1時間44,000円(税込)と利用しやすいので、この機会にぜひご検討ください。

オンライン転職セミナーを成功させて有望な人材を獲得しよう

オンライン転職セミナーを成功させて有望な人材を獲得しよう
今回は、オンライン転職セミナーの特徴についてお伝えしてきました。参加者にとっても企業にとってもいい面・悪い面があるので、理解したうえで開催することが大切です。

オンライン転職セミナーの開催の流れも紹介したので、配信時の参考にしてください。KOUTENのようなスタジオからの配信も視野に入れ、実のあるオンライン転職セミナーを開催していただければ幸いです。

関連するキーワードで他の記事を探す

RECOMMEND

こちらの記事もおすすめ