ご予約・お問い合わせはこちら

オンライン配信

オンラインセミナーとはどんなもの?|配信方法やメリット・デメリットも解説

オンラインセミナーとはどんなもの?|配信方法やメリット・デメリットも解説

「オンラインセミナー」という言葉を見聞きする機会が増えました。と同時に、多くの企業が実際にオンラインセミナーを開催しています。

しかし、オンラインセミナーとはどのようなものなのか、導入するメリットは何なのかなど、理解できていない方もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はオンラインセミナーの概要を説明し、オンラインセミナーの配信方法の種類やメリット・デメリットもお伝えします。オンラインセミナーに興味をお持ちの企業は、ぜひ参考にしてみてください。

オンラインセミナー(Webセミナー)とは

オンラインセミナー(Webセミナー)とは
Web会議ツールや「SaaS」と呼ばれるウェビナーツールを利用して、オンラインで開催するセミナーのことを、オンラインセミナー(Webセミナー/ウェビナー)と呼びます。遠くにいる人同士をつないでセミナーを行うことができます。

会場で行うオフラインセミナーとの違い

オンラインセミナーは、従来のような会場で開かれていたオフラインセミナーと比較すると、以下のような違いがあります。

オンラインセミナーオフラインセミナー
開催場所インターネット上(場所を選ばない)会議室や講演会場など
費用ツールの利用料程度会場のレンタル料
準備・運営の手間ほとんどかからない会場の予約・設営、当日の受付・資料準備など大変
集客場所の制約を受けず幅広く行える場所や人数に制限があり限定される

このように、オンラインセミナーはオフラインセミナーに比べて手間や制限が少なく、開催しやすいのが特徴です。

オンラインセミナーの配信方法

オンラインセミナーの配信方法
オンラインセミナーには大きく分けて2つの配信方法があるため、それぞれ特徴とともに紹介します。

なお、各配信方法については以下の記事でも詳しくお伝えしているので、ぜひあわせてご覧ください。
参考記事:動画配信とは? 配信形式の種類と特徴・メリットを解説! ライブ配信とリアルタイム配信の違いとは?

ライブ配信(リアルタイム配信)

1つ目は、ライブ配信(リアルタイム配信)。開催しているセミナーを、リアルタイム(生放送)で配信する方法です。チャット機能やアンケート機能を使って、セミナー中に参加者とコミュニケーションを取ることができます。臨場感を感じられるセミナー方式です。

オンデマンド配信(録画配信)

2つ目のオンデマンド配信(録画配信)は、あらかじめ録画して編集を行ったセミナーの動画を配信する方法です。

参加者が好きな時間や場所で視聴したり、繰り返し見て復習したりすることができるため、よりセミナー内容の理解度が深まりやすくなります。柔軟性の高いセミナー方式です。

【企業側】オンラインセミナーのメリット

【企業側】オンラインセミナーのメリット
オンライン配信の方法について理解したところで、つづいては、オンラインセミナーを開催する企業にとってのメリットを解説していきます。

コストと手間の削減

オンラインでセミナーを配信すれば、オフラインセミナーで必要だった会場のレンタル費用・人件費・資料の紙や印刷費用などのコストカットができます。

さらに、会場を押さえたり設営したりする手間も省けますし、会場までの移動時間や移動費用もかかりません。コストと手間の大幅な削減につながるといえます。

集客の幅が広がる

従来のオフラインセミナーでは、会場のある地域やその周辺に住んでいる方がメインターゲットでした。しかし、オンラインセミナーの場合は場所の制限がなく、対象を日本全国や海外にまで広げることができるため、会場に来られない遠方の人もターゲットにできます。

オフラインに比べて多くの人に参加してもらえる可能性があり、新規顧客獲得のチャンスにもなりえるのです。

コミュニケーションやデータ収集が可能

特にライブ配信の場合は、参加者がリアルタイムでチャットに質問や意見を投稿できるため、講師と参加者の間でコミュニケーションを図ることができます。

セミナー後にアンケートを取り、意見を集めたり理解度を図ったりするのもおすすめです。また、オンラインセミナーの視聴ログなどのデータを得ることもできます。データを活用して、ぜひ次回の開催に生かしてみてください。

【参加者側】オンラインセミナーのメリット

【参加者側】オンラインセミナーのメリット
オンラインセミナーでは、企業ばかりが恩恵を受けるわけではありません。参加者にとってもメリットがあるため、3つの点を紹介します。

どこにいても気軽に参加しやすい

オンラインセミナーに参加する際、インターネット環境さえあれば場所の制約がありません。会場型のセミナーでは開催地が遠方で参加できなかった人も、オンラインならどこにいても参加可能です。

さらに、移動の手間や交通費もかからないので、気軽に参加しやすいといえます。また、オンデマンド配信の場合は、時間を気にせずいつでも自由に視聴できることもメリットです。

コミュニケーションのハードルが低い

オフラインのセミナーに参加した場合、静まり返った会場のなかで挙手をして質問するのが苦手な方もいるのではないでしょうか。

しかし、オンラインセミナーのライブ配信では、リアルタイムで気軽に文字チャットで質問や意見を投げかけることができます。チャットを利用すれば話の途中でも送信でき、コミュニケーションを取りやすいです。

繰り返しの視聴が可能

オンラインセミナーがライブ配信されたあとでオンデマンドでも配信されれば、ライブ中にわかりづらかった箇所などを何度も見返して理解を深められます。リアルタイムで参加できなかった人も視聴できるため、オンデマンド配信は便利です。

オンラインセミナーのデメリット

オンラインセミナーのデメリット
メリットの多いオンラインセミナーながら、開催するにあたって注意したい点もあります。気をつけておきたい3つの点をお伝えします。

視聴者の反応がわかりづらい

オフラインでは会場の雰囲気や参加者の表情が見えますが、オンラインだと視聴者のカメラがオフにされることもあり、どのような心境やモチベーションで視聴されているのかが講師に伝わりづらいです。

そのため、セミナーの途中で視聴者の集中力が切れ、離脱される可能性もあります。オンラインでは、途中で参加者がセミナールームから退室しても、会場型セミナーで途中退席するときのように目立つことがありません。その結果、簡単に離脱できてしまうのです。

通信環境によって映像が乱れる可能性がある

特にライブ配信では、インターネットの状態がよくないと、映像が途切れる・止まるなど乱れが発生してしまう可能性があります。配信者側の環境はもちろん、視聴者の環境の問題でも起こりえます。

状況によってはそのまま離脱されてしまう恐れもあるため、せめて配信者側はインターネット環境をしっかりと整えておくことが大切です。

適切な機材が必要

オンラインセミナーを配信する際に、環境によってはマイクやカメラなど、より高度な配信を行うための機材が必要になります。

PCに備え付けのものでは音質や画質が低いことがあるため、実際の配信前に音声の入り具合や映り具合をチェックして、場合によっては別途用意しましょう。

オンラインセミナーのおすすめ配信ツール2選

オンラインセミナーのおすすめ配信ツール2選
最後に、オンラインセミナーを開催するにあたっておすすめのツールを2つ取り上げます。それぞれの特徴をもとに、自社に合いそうなものを選んでみてはいかがでしょうか。

Zoomウェビナー

Zoomウェビナーは、オンラインセミナーツールのなかでも比較的有名なものです。ヴァーチャル背景・スタジオ効果・バックグラウンド ノイズ抑制などの便利な機能を取り揃えており、クオリティの高い映像とサウンドを提供しやすいことが特徴です。

主催者は、参加者の人数によって異なる有料ライセンスが必要(最大50,000人まで参加可能)ですが、参加者はZoomのアカウントを持っていなくてもセミナーを視聴することができます。

ライブ配信を行えるほか、ライブ映像を録画してオンデマンドとして配信することもできます。チャットで質問や意見を送れるのはもちろん、Q&A機能もあり、個々の質問に対する回答を得られます。

Zoomウェビナー

Cisco Webex Events

最大3,000人までの参加が可能で、大規模なオンラインイベントやWebセミナーに適したツールです。出席者のカメラやマイクは自動的にオフになり、集中してセミナーを視聴してもらうことができます。

パネリスト以外の参加者の情報が画面に表示されないため、秘匿性の高いセミナー開催が可能な点もメリット。出席者のリストはパネリストだけが見られるようになっています。

また、通常のチャット機能では質問や意見が多いとチャットのログに埋もれてしまうことがありますが、Cisco Webex Eventsでは質問と回答専用のQAパネルがあります。

個々にスレッド形式で回答を行うことができ、回答漏れがある場合は「?」マークが表示されるため便利です。

Cisco Webex Events

オンラインセミナーを活用して積極的に参加者とコミュニケーションを図ろう

オンラインセミナーを活用して積極的に参加者とコミュニケーションを図ろう
今回は、オンラインセミナーについて詳しく解説しました。会場で行うセミナーとの違いも多く、企業にとってはぜひ活用したいものです。オンラインセミナーのメリットやデメリットも知ったうえで、自社に合うやり方で配信を行いましょう。

KOUTENでは機材や環境を整えており、Zoomの配信にも対応しています。プロのスタッフもサポートを行っているので、これまでにオンラインセミナーの経験がない企業は、スタジオでの撮影やライブ配信も検討してみてはいかがでしょうか。

関連するキーワードで他の記事を探す

RECOMMEND

こちらの記事もおすすめ