ご予約・お問い合わせはこちら

撮影・録画技術

ロケハンとは? どんな意味なの?|スムーズなロケハンに必要な事前準備とやり方を紹介

ロケハンとは? どんな意味なの?|スムーズなロケハンに必要な事前準備とやり方を紹介

撮影をするにあたって、撮影場所の雰囲気はとても大切です。事前に撮影場所の光の加減や広さなどの情報を知っておくことは、撮影を成功に導く第一歩といえるでしょう。

特に大事なのが、事前に撮影場所を確認する「ロケハン」です。本記事では、ロケハンの概要や必要な理由、スムーズなロケハンに必要な事前準備などをご紹介します。

ロケハンとは? どんな意味なの?

ロケハンとは? どんな意味なの?
ロケハンは撮影前に行う「下見」や「下調べ」のことを指します。ここではさらに詳細な意味と語源についてご紹介しましょう。

ロケハンの意味とは?|撮影に使用する場所などの下見・事前準備

ロケハンとは、主に映画、テレビ、雑誌など、映像や写真を扱う業界などで使用される言葉です。撮影をする場所に実際行って、下見や下調べをすることを指します。
たとえば「当日はこの時間、この場所で撮影を行おう」「この場所での撮影は立ち位置はここにしよう」など当日の撮影を想定して調査を行うのです。

事前に下調べをしっかり行うことで、撮影をスムーズに行えるようになります。

ロケハンの語源は?|ロケーション・ハンティング

ロケハンの語源は、和製英語の「ロケーション・ハンティング(Location Hunting)」の略称です。「Location」には、「位置」「意味」「野外の撮影地」などの意味があり、「Hunting」は、「狩り」「追及する」「探索する」などの意味合いがあります。

つまりロケーション・ハンティングは、「野外の撮影地を探すこと」を意味し、これを呼びやすくしたものが「ロケハン」とされています。

なぜ?ロケハンが必要な理由とは|撮影場所の雰囲気などを把握しておく

撮影前になぜロケハンが必要なのでしょうか。その理由は、撮影場所の雰囲気を把握しておくためです。知らない場所でいきなり撮影を行っても、クオリティの高い映像や写真を撮影するのはむずかしいでしょう。

撮影に合った場所を事前にロケハンで探し出し、撮影のシミュレーションを行うことでイメージ通りの雰囲気を用意することが重要です。

スムーズなロケハンに必要な事前準備とは?

スムーズなロケハンに必要な事前準備とは?
スムーズにロケハンを行うには事前準備が必要です。ここでは、事前準備の流れや方法についてご紹介します。

1.基本事項を決める|コンセプト・予算

まずは「どんな撮影をしたいのか」コンセプトを決めましょう。企画や構成など撮影テーマをしっかり決めることで、シチュエーションにあわせたロケ地を選ぶことができます。
漠然としたイメージのままだと、コンセプトに合わない場所を選んでしまう可能性があるのです。

またコンセプトが決まったら予算を決めましょう。

2.ロケ地を探す|候補は多めに用意しておこう

コンセプトと予算が決まったら、次はコンセプトに合ったロケ地を探します。ロケ地は1カ所だけでなく、5カ所ほど用意しておくのがおすすめです。

これはコンセプトにぴったりのロケ地が決まっても、必ずその場所で撮影できるとは限りません。撮影日に先約が入っていたり、そもそも撮影許可が下りなくて撮影できなかったりするケースもあります。そのため、候補は多めに用意しておきましょう。

ロケ地はどう探す?|ロケ地検索・ロケコーディネートなど

ロケ地は以下の方法で探すことができます。
・ロケ地検索サイト
ロケ地検索サイトとは、土地・施設・店舗などの選択肢からロケ地を検索できるサイトです。ロケ地の雰囲気を画像で確認したり、使用条件や料金を調査したりすることができます。

・ロケコーディネート
ロケコーディネートとは、ロケ地を検索するだけでなく、撮影するまでの手続きや撮影時のサポートまでトータルにサポートしてくれるサービスです。
コストはかかりますが、ロケに関するさまざまな手続きを行ってくれるため、土地勘のない場所でも安心してロケを行えます。

3. ロケ地の情報収集をしておく

ロケ地候補が決まったらそこが撮影可能か、撮影に必要な条件などはあるかなどの情報収集をします。場面別の情報収集方法を以下でご紹介しましょう。

公園や運動場などの公共施設|撮影許可申請の方法をチェック

公園や運動場など一般的な公共施設の場合は、撮影許可申請の方法を確かめておきましょう。公共施設の場合は、ホームページに撮影許可申請に関する記載がないか、まずはホームページで確認し、分からない部分は電話やメールなどで確かめる必要があります。

場所ごとに「撮影日の2週間前に申請書を提出する必要がある」など、ルールが異なりますので注意が必要です。

学校や病院などの施設|ややハードル高め

学校や病院などのプライバシー保護が関連する施設の場合は、撮影許可のハードルがやや高いとされています。まず撮影協力が可能か連絡をしてみましょう。

レストラン・カフェなどの店舗|情報誌やネットでチェック

レストランやカフェなどの施設は営業時間内での撮影は許可が下りにくいため、営業時間外での撮影になることが多い場所です。またランチやディナーの間など時間の制約があるケースもあります。
まずは電話で連絡をとり、撮影に必要な内容を確認しておきましょう。

撮影スタジオ|間取り図などで雰囲気をつかむ

コンセプトに合った撮影スタジオを探すには、スタジオ検索サイトやスタジオのホームページを確認することをおすすめします。サイトにはスタジオの写真や間取り図などが掲載されているため、全体の雰囲気を把握しやすいでしょう。

また撮影スタジオのサイトには、具体的な利用料金が記載されていることも多く、事前に予算との兼ね合いを図れます。撮影予定日の料金がどのくらいなのか事前に確認しておきましょう。

4. 撮影日・時間を決める|撮影可能かチェック

ロケ地が決まったら、撮影日や時間を決定しましょう。天気・日の入りの時間などをチェックして最適な撮影日を決めます。季節によって、日の入りや日の出、暗くなるタイミングなどが異なります。
撮影には光が重要なポイントとなりますので、ベストな状態で撮影に臨めるように現場の明るさや天気などを確認しておいてください。

そして準備したロケ地候補の中から、その日時で撮影可能かどうかをチェックしましょう。

5. 当日のスケジュールを作成する|待ち合わせ場所など

ロケ地の条件などとすりあわせ、当日のスケジュールを作成します。撮影の前後を含めたスケジュールも作成しておく必要があります。たとえば、スタッフの待ち合わせ場所などは忘れがちなポイントなので要注意です。

「なんとなく集まって解散」と漠然としたスケジュールを立てていると、移動にかかる時間などが分からずスケジュールが狂ってしまう可能性があります。集合場所や移動時間などもしっかり確認をとり、撮影時間を確保しましょう。

当日は何をする? ロケハンのやり方を紹介

当日は何をする? ロケハンのやり方を紹介
ロケハン当日はどのような動きをすればいいのでしょうか。ここでは、ロケハンのやり方についてご紹介します。

ロケハンの持ち物とは?|撮影に使用するカメラなど

ロケハンでは、当日のスケジュールやシナリオを作成するために、当日と同じ状態でロケ地を確認することが大切です。そのため、撮影に使用するカメラや絵コンテなど、基本的に撮影本番に使用するものを持っていきます。

  • 撮影本番で使用するカメラ
  • 絵コンテ
  • メジャー
  • スマートフォン

ロケハンは、撮影当日のシナリオをを作成するため、当日と同じ状態が必要です。そのため、撮影当日も使用するカメラを持っていき、テスト撮影をしましょう。

メジャーは小道具を作成する場合、サイズを測るのに役立ちます。さらにスマートフォンがあれば、雨雲レーダーを確認したり、交通手段を確かめたりするのに便利です。また、簡易に現場を撮影してイメージを共有できます。そのため、充電が切れないようにモバイルバッテリーなどを持参しましょう。

うまくいくロケハンのコツ

ロケハンは、本番の撮影が成功するためにさまざまなことを下調べします。では具体的にどんなポイントに気を付ければいいのでしょうか。ここではロケハンがうまくいくためのコツについてご紹介します。

1.複数人で行おう|撮影当日の動きを共有

ロケハンは、原則として1人ではなく複数人で行います。複数で行えば、撮影当日の動きをその場で共有できるためです。さらに複数人の方が、よりシナリオの精度が上がり撮影当日の動きがスムーズになることが期待できます。

さらに人物を被写体として撮影する場合、被写体を想定した「スタンド」と呼ばれるモデルに代わりに立ってもらうこともあります。スタンドがあれば、撮影時の構図などを決めやすくなるでしょう。

2.撮影場所・環境をチェックする|広さ・控室など

撮影場所の広さなどの基本的な情報から、控室、備品などもチェックしておきます。
撮影場所の広さは、被写体との撮影距離や構図などを確認するために必要です。さらに、撮影で使える備品、控室の位置、控室に入る人数なども確認しておきます。

また撮影場所に当日不都合が出た場合、代わりの場所が用意できるかどうかもチェックしておきましょう。室内で撮影する場合は、周辺に他のスタジオや貸し会議室などがないか調べておくのもおすすめです。

3.機材搬入にかかわる場所をチェックする|駐車場・搬入口

機材搬入やスタッフの出入りにかかわる、駐車場や搬入口もチェックします。スタジオやロケ地に備え付けの駐車場がある場合、使用許可はどうとればいいのか、どの程度の大きさで何台程度駐車できるかを確認しておきましょう。

また駐車場がなければ、周辺にコインパーキングなど車を停められる場所はあるか、そこまでの移動距離・時間はどのくらいかなどのチェックも必要です。一度、どのような道なのかを歩いて確かめておくと安心できます。

4.撮影してみよう|光の入り方・音・背景

ロケハン時には、さまざまな角度から撮影を行いましょう。光の入り方や音環境をチェックすることで、当日どのように撮影するかを決めやすくなるのです。さらに、背景を決めて収まりをチェックします。

ロケハンは、できる限り本番の撮影と同じ時間帯に行いましょう。時間帯が違うと、光の入り方や音環境が変わってしまうためです。

事前準備をしっかりしてスムーズにロケハンを行おう

事前準備をしっかりしてスムーズにロケハンを行おう
撮影を成功させるには、しっかりとしたロケハンが欠かせません。ロケハンは下調べや下見という意味があり、本番と同じ条件で下見をすることで、本番の撮影をスムーズに行えるようになります。

ロケハンを行う際には、本番と同じ時間帯、同じ機材を使うことが重要です。また、ロケ地だけでなく、ロケ地までの交通手段、移動時間・方法、控室の場所や広さなどもしっかり確認しておきましょう。