ご予約・お問い合わせはこちら

撮影・録画技術

グリーンバック(ブルーバック)を使ったクロマキー合成の基本を知ろう

グリーンバック(ブルーバック)を使ったクロマキー合成の基本を知ろう

動画の撮影時に、グリーンバックやブルーバックというものを用いてクロマキー合成を行うことがあります。しかし、グリーンバック(ブルーバック)とは一体何なのか、どのようにして使うのかわからない方もいるのではないでしょうか。

今回は、グリーンバックやブルーバック、クロマキー合成についての解説を行うとともに、効果的な撮影方法を紹介します。高度なテクニックを使ってみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

グリーンバック(ブルーバック)とは?

グリーンバック(ブルーバック)とは?
早速ここから、グリーンバック(ブルーバック)とは何なのか、またグリーンやブルーである理由について解説します。

撮影時の背景に使用するスクリーン

グリーンバックやブルーバックとは、動画などの撮影時に背景として用いるグリーンやブルーのスクリーンのことです。このグリーンやブルーの背景を別の画像や動画に合成することができ、「グリーンバック(ブルーバック)合成」または「クロマキー合成」と呼ばれます。

クロマキー合成が使われるシーンとして身近なものといえば、気象予報ニュースが挙げられます。実際のスタジオではグリーンバックの前で撮影され、気象予報図が合成されて放映されているのです。

なぜグリーンやブルーなの?

学生時代に美術の授業で「色相環」について学んだ記憶がある方もいることでしょう。色相環図では、赤・オレンジ・黄色…と合計12色が円になった状態で表されますが、ある色のちょうど反対側に位置する色を「補色」と呼びます。

そこで、人間の肌カラーの補色であるブルーやグリーンを使用するのです。補色を使用すると、合成した際に肌の色をきれいに残すことができます。

ブルーとグリーンの使い分け方は?

一般的には、被写体の色によって使い分けることがベターです。イエローメインの場合はブルーバックのほうが向いているという傾向があります。

前項の内容でいうと、ブルーの補色は黄色、グリーンの補色はピンク。欧米でグリーンバックが主流のため、日本でもグリーンバックが使われる機会が多いです。グリーンバックのほうがサポートできる動画編集ソフトも多いので、汎用性が高いといえるでしょう。

クロマキー合成とは?

クロマキー合成とは?
クロマキー合成とは、「キーイング」といわれる切り抜きタイプの合成方法の1種。色の違いを利用して特定の色を透明にし、別の画像や動画をはめ込む技術です。

実際に行くことのできないロケ地や、現実にはあり得ないようなシチュエーションを、合成によって再現することが可能。前述したようなブルーバックやグリーンバックを、透明にしたい(別の動画をはめ込みたい)部分に使用して撮影します。

TV局のような企業だけでなくオンラインで配信する一般の方も増えており、動画配信や実況中継など多様なシーンで使われるようになってきました。

グリーンバックを利用してクロマキー合成をしたい!必要な物は?

グリーンバックを利用してクロマキー合成をしたい!必要な物は?
つづいて、クロマキー合成をする際に必要な物を紹介しましょう。

撮影をするカメラ

まず、動画を撮影するためのカメラが必要です。普段から使っているカメラがあれば、そのまま使うことができるので、特にクロマキー合成専用のカメラを用意する必要はありません。

なお、被写体に動きがある場合は「モーションブラー」と呼ばれる動きを感じるブレを軽減するため、シャッタースピードを速めて撮影しましょう。モーションブラーが残ると合成した際にきれいにグリーンが切り取れず、動画が乱れてしまう場合があります。

グリーンバック(ブルーバック)用のスクリーン

クロマキー合成においてもっとも重要といえる、背景用のグリーンバックやブルーバックも用意しましょう。布状・スクリーン・折りたたみ式などのタイプがあります。

布の場合は設置用のスタンドなども必要です。また、出したり片づけたりと使用にやや手間がかかるでしょう。スクリーンタイプは引き出すだけで使えて、しまうときも簡単です。折りたたみ式は持ち運びしやすく、吊るしたり立てかけたりとさまざまな使い方ができます。

照明用のライト

クロマキー合成の撮影時には、照明(ライティング)は欠かせません。色の違いを鮮明にすることで、加工時に動画をきれいに切り抜きやすくなります。

やわらかい光源のライトを用意し、グリーンバックやブルーバックに影ができないよう全体にまんべんなく光を当てて、上手にライティングを行いましょう。

KOUTENなら機材はすべてご用意!

KOUTENでは、カメラとグリーンバックはもちろんのこと、マイク・スピーカー・ミキサーなどの音響用機材や配信用のPCなど、オンライン配信や撮影に必要な機材はすべて準備しています。

そのため、高額の機材類をご自身でわざわざ買い揃える必要はなく、利用時には何も持たずに来園しても、不自由なく撮影していただけるでしょう。

グリーンバック(ブルーバック)の選び方は?

グリーンバック(ブルーバック)の選び方は?
自分でグリーンバックやブルーバックを用意する場合は、どんな点をチェックして選べばいいのでしょうか。グリーンバックを選ぶときのポイントについて解説します。

選ぶポイント①サイズ

グリーンバックのサイズは、被写体の動画に映したい部分がきちんと収まる大きさであることが重要です。サイズが大きければ、動きの大きな動画も編集しやすいでしょう。

ただし、大きすぎると持ち運びにくくなる点には注意が必要。幅や高さなど、撮影する場所のキャパシティも考慮しましょう。

選ぶポイント②素材

グリーンバックの素材にも目を向けてみましょう。シワや汚れなどがあると影ができてしまい、きれいに合成できないことがあるので、シワのつきにくいものやアイロンをかけられるものがよいでしょう。

ポリエステル素材で、アイロン可のものを選ぶのがおすすめです。また、万が一汚れたときのために、洗濯できるかどうかもチェックしておきましょう。

選ぶポイント③収納性

使う場面があちこちあって持ち運ぶ機会が多い場合や片づけるスペースが広くない場合などは、持ち歩きやすさや収納面での使い勝手も確認しましょう。軽量かつ、巻いたりたたんだりしてコンパクトにまとめられるタイプが便利です。

選ぶポイント④設置の仕方

前項とも関連しますが、使うシーンにあわせてグリーンバック(ブルーバック)の設置方法で選ぶことも大切です。

広げて自立させて使う屏風タイプ、壁や天井などに取り付けて据え置きできる壁掛けタイプ、椅子の背もたれに設置できるバンドタイプ、好きな場所に立てられるスタンドタイプなどがあります。

クロマキー合成用の撮影をするコツ

クロマキー合成用の撮影をするコツ
ここからは、実際にクロマキー合成用の撮影をするときのポイントを解説していきましょう。

スクリーンはシワができないように

シワやたるみが寄るとその部分が影になってしまい、動画の編集時にきれいにキーイングができない(切り抜けない)ことがあります。アイロンOKの素材ならアイロンをかけておく、設置するときにピンと張って伸ばすなどして、シワができないよう工夫しましょう。

被写体の色に注意

撮影をする際、被写体の色には注意が必要です。どういうことに気をつければいいのかというと、グリーンやブルーなど、背景と同じ系統の色は避けることと、光沢感あるシルクなどの反射しやすい素材や、透ける衣装も避けたほうがよいでしょう。

失敗例として、黄緑色のとある人気キャラクターが気象予報ニュースに出演した際、グリーンの部分がグリーンバックと一緒に切り抜かれてしまい、キャラクターが透明になって見えなくなったり青く映ったりというアクシデントが発生したことがあります。

細かいパーツは避ける

レースを用いた衣装やアクセサリーなどの細かいパーツは、きれいに切り抜きづらいため着けないほうが無難です。また、メガネや時計など背景を反射しやすいものも避けたほうがよいでしょう。やむを得ず使用する場合は、被写体の周りを黒や白の板などで囲んで反射を避けるなどの工夫が必要です。

ライティングは複数使用する

照明は複数用意し、被写体とグリーンバックやブルーバックは別々にライティングしましょう。背景の映り具合にムラができないよう均一に光が当たるようにし、被写体をグリーンバックから離して被写体の影を映り込みにくくします。

照明が強すぎると背景色が被写体に跳ね返ってムラが発生してしまうこともあるため、明るさの度合いも考慮しましょう。やわらかい光源の照明を使うのがおすすめです。上手にライティングを行うことで、合成時にきれいにキーイングができます。

カメラワークは最小限に

カメラワークは必要最低限に抑えましょう。

カメラを固定して撮影することが理想ですが、難しい場合は背景や床にトラッキングマーク(動きを追うためのポイント)を配置します。カメラをあまり大きく動かしてしまうと、被写体がブレてうまく切り抜けなくなるので注意が必要です。

シャッタースピードも速めに設定し、モーションブラー(カメラブレ)を極力抑えるようにしましょう。

まとめ

まとめ
グリーンバック(ブルーバック)と呼ばれる背景を使用すると合成動画が作れること、合成動画を制作するために必要な物や撮影のポイントもお伝えしました。早速グリーンバックを使ってみたいと感じた方もいらっしゃるかもしれません。

オンライン配信スタジオKOUTENには、撮影用や配信用の機材が揃っているため、初めてクロマキー合成撮影をするときにも便利です。ぜひこの機会に利用を検討してみてはいかがでしょうか。