ご予約・お問い合わせはこちら

オンライン配信

YouTube配信をする前に知っておきたい音楽の著作権|著作権を守りながら音楽を使用するには

YouTube配信をする前に知っておきたい音楽の著作権|著作権を守りながら音楽を使用するには

一般的に、音楽は著作権で保護されています。YouTubeで配信を行う際に音楽を使用したいと思っても、著作権を守らないと、投稿が削除されたり、最悪の場合は訴えられたりする可能性もあるのです。

トラブルを避けるには、著作権についてしっかり理解し、法律を守りながら配信しなければなりません。YouTubeなどの媒体で音楽を使用しての配信を検討している方は、ぜひ最後までじっくりご覧ください。

YouTube配信をする前に知っておきたい音楽の著作権を解説!

YouTube配信をする前に知っておきたい音楽の著作権を解説!
まず、YouTubeで配信を始める前に、音楽の著作権について基本的な内容を理解しておきましょう。

そもそも「著作権」とは?

そもそも「著作権」とは、著作物を守るための権利のことです。著作物というのは、感情や思想などの目に見えないものを創作的にさまざまな形で表したものをいい、実際に創作した人を「著作者」と呼びます。

また、「著作権者」という言葉もあり、著作権を持っている人のことを指します。

著作権の適用対象は、音楽のほか、美術・文芸・学術のジャンルです。わざわざ出願や登録をしなくても、著作物が創作された時点で権利が発生します。

どんなものが「著作物」になるの?

身近にも著作物はたくさんあります。漫画・映画・小説・絵画・アニメなどです。

音楽のジャンルでは曲や歌詞が著作物とされ、譜面に起こしていない即興音楽なども著作物に該当します。

「著作物」に当たらないのはどんなもの?

著作物は創作性のあるものでなければなりません。そのため、著作物として認められないものには、他人の創作物を模倣したものや単なる事実・データ、著作権の適用範囲外である「工業製品」、表現を伴わない「アイデア」などがあります。

利用に許可が必要なケースとは?

YouTubeなどでCD音源や配信音源をBGMとして使用する場合、著作権の管理者から許可を得なければなりません。

日本では、ほとんどの音楽の著作権を「JASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会)」という組織が管理しています。そのため、JASRACに音源使用の許可を取り、料金を支払うことが必要です。

さらに、音源の製作元であるレコード会社などからも「著作隣接権」の許諾を得なければなりません。

YouTube配信で気をつけたい5つのNG例を紹介

YouTube配信で気をつけたい5つのNG例を紹介
前章をふまえ、YouTube配信の際に注意したいNG例を紹介します。

1. 他人の演奏を勝手に配信する

CD音源をはじめとして、他人が作った音源や演奏を無許可で配信に利用することは認められていません。著作権のある音源を使用する際は、自分たちで演奏もしくは製作しましょう。

2. クレジット表記だけで利用している

YouTubeで動画を配信する際、概要欄にクレジット表記(音楽の提供元などの帰属表示)さえすれば、音楽を自由に利用できると勘違いしている人もいます。しかし、クレジット表記をすることと著作権の許可があることはイコールではありません。

著作権の許可が必要な音楽を使用するときは、必ず必要な申請を済ませてから使いましょう。

3. 楽曲の一部をアレンジして使う

1曲の音楽のうち数秒だけを切り取って使う、音楽の一部に手を加えて流すという方法も許されていません。たとえ短い時間であっても、無断使用として著作権違反になります。また、楽曲をアレンジする場合は著作権者の許可が必要です。

なお、YouTubeでは、「Content ID」というAIが巡回しており、投稿された動画が著作権に違反していないかを自動で判別しています。引っかかった場合は、申し立てを受けたり動画が削除されたりするので注意しましょう。

4. ほかのクリエイターも利用している

ほかの投稿者・クリエイターが使用しているから大丈夫だろう、と安易に判断し、自分も同じ音楽を使用するというパターンもNG。なぜなら、相手はきちんと利用許可を取って使っている可能性があるためです。

相手クリエイターが使用許可を得ていない場合は相手も自分もアウト、そのクリエイターが許可を得て利用している場合は自分だけがアウトになります。

5. 著作者の死後すぐに楽曲を配信する

著作者が亡くなったからといって、すぐにその人物の音楽を利用するのもNGです。亡くなると同時に著作権が消滅するわけではありません。前でもお伝えしたように、著作者の死後70年は著作権で保護されます。

YouTube配信で違反してしまったらどうなるの?

YouTube配信で違反してしまったらどうなるの?
前章では、YouTube配信における音楽の著作権NG例を見てきました。では、YouTube配信で著作権法に違反してしまった場合、一体どうなるのでしょうか。

違反警告が届く|ペナルティが科される

違反が認められた場合、ライブ配信ならその場で違反警告が届いて、改善しなければ配信が停止されてしまいます。また、ライブではなく通常の投稿の場合は、即刻削除される、または猶予期間内に削除するよう求められます。

警告を受けた場合、1回目は1週間、その90日以内に2回目を受けた場合は2週間投稿ができなくなり、さらにその90日以内に3回目の警告を受けたらアカウント削除、というように、回数を重ねるごとにきついペナルティが科されます。

特にアカウントを削除されると、アップロードしたすべての動画が削除されたり、関連するチャンネルもすべて停止されたりと、YouTubeチャンネルの収益化に悪影響が出るのは必至です。

まずは違反しないことが大事ですが、万が一した場合は二度としないようさらに注意しなければなりません。

訴訟を起こされる可能性も

違反警告にすぐ対応すれば問題ないことが多いです。しかし、改善せずに警告を無視し続けると、訴訟に発展する可能性もあります。懲役・罰金・損害賠償などの大きな問題になる前に、必ず早い段階で対処しましょう。

著作権を守りながらYouTube配信で音楽を利用するには?

著作権を守りながらYouTube配信で音楽を利用するには?
ここまでの内容をふまえて、著作権を守りながらYouTubeで音楽を使うにはどうすればいいのか、方法を紹介していきましょう。

1. JASRACが管理している楽曲を利用する

前述したように、YouTubeとJASRACは利用許諾契約を結んでいます。JASRACが管理している楽曲を手続きなく利用するには、自分たちで演奏・製作した音楽を用意することが必要です。

アーカイブやタイムシフトの場合は、広告や宣伝などの営利を目的としないこと、国内の音楽であることも条件です。

なお、営利目的や外国作品の場合などでも、所定の手続きをふめば利用できます。

2. YouTubeのオーディオライブラリーから利用する

YouTubeには、著作権に問題がない音楽を提供する「オーディオライブラリー」というサービスが用意されています。ライブラリー内にある曲や効果音なら、誰でも無料で自由に使えて著作権の面でも安心です。

バラエティ豊富な音楽が揃っており、自分でアレンジしたり一部のみを使用したりすることもできます。配信する動画の雰囲気にあわせて、好きな音楽を選びましょう。

3. 著作権フリーの音源を利用する

著作権フリーの音源を提供しているサイトがあり、そこから音源を入手する方法もあります。著作権フリーと聞くと質に不安があるかもしれませんが、プロやセミプロが製作した楽曲もたくさんあるため、クオリティにも問題なしです。

ただし、ほかの人と重複しやすいという面があります。また、著作権がフリーであっても曲ごとに制限が設けられている場合もあるため、利用規約をしっかり確認することが大切です。違反しない方法で配信するように注意しましょう。

4. 弁護士や専門家に相談する

ここまでにいろいろな例を挙げてきましたが、音楽の著作権に関して、最終的な判断は専門家に頼るのが一番です。

配信の際にアウトかセーフか迷った場合や、利用したいもののどうすればいいかわからない場合などは、弁護士などに相談してサポートしてもらう方法が確実です。

著作権を理解して楽曲を利用しよう

著作権を理解して楽曲を利用しよう
YouTubeで配信する際に音楽は重要です。しかし、著作権についてはかなり厳しく取り締まりが行われており、著作権への知識がないと警告やペナルティを受けるばかりでなく、ひどい場合は訴訟問題に発展する可能性もあります。

一部なら大丈夫だろう、他人が使っているから自分も使えるだろう、などと気安く考えるのはNG。一方で、YouTubeでは自由に使える音源が用意されているほか、自分たちで音源を作れば他の著作者の曲も使えるというメリットもあります。

著作権を正しく理解して規約や法律を守り、適切な方法で音源を利用しましょう。

関連するキーワードで他の記事を探す

RECOMMEND

こちらの記事もおすすめ