ご予約・お問い合わせはこちら

動画広告

動画マーケティングとは? 目的やメリットを解説|動画マーケティングを成功させる5つのコツ

動画マーケティングとは? 目的やメリットを解説|動画マーケティングを成功させる5つのコツ

さまざまなマーケティングの方法があるなか、動画マーケティングが注目を浴びています。注目される理由はどんな点にあるのでしょうか。また、動画マーケティングを行う目的や得られるメリットにも迫ります。

さらに、後半では、動画マーケティングの具体的な方法や、動画マーケティングを成功に導くためのポイントも解説します。宣伝や集客方法にお困りの方は、ぜひ最後までご覧ください。

動画マーケティングとは? なぜ注目されているの?

動画マーケティングとは? なぜ注目されているの?
動画マーケティングとは、動画を通じて自社の情報や商品・サービスなどを紹介し、宣伝したり販売したりする手法のことです。マーケティングにおいて注目が集まる手法ですが、注目されている理由は何なのかについて解説します。

動画マーケティングが注目されている理由とは|動画がいっそう身近に

動画を閲覧する人が増加し、動画広告の市場規模もどんどん拡大しています。では、動画の需要が増えたのはなぜなのか、以下で詳しく説明します。

動画配信プラットフォームの普及・拡大|スマートフォン・タブレット

動画配信プラットフォームの普及や拡大により、多くの人が日常的に動画に触れる機会が増えてきました。スマートフォンやタブレットから気軽に動画サイトなどにアクセスでき、時間や場所の制約もないため、利用者は増加傾向にあります。

さらに、個人でも簡単に動画を投稿できるようになり、配信のハードルが下がって、配信者もどんどん増えているのです。

通信の高速化・プランの充実

4Gから5Gへと通信が高速化され、それに伴う大容量の通信プランが充実しつつある点も挙げられるでしょう。5Gは4Gの100倍の速さといわれ、整備が進められています。現在は5Gに対応していないエリアにも、今後どんどん拡大していくでしょう。

巣ごもり需要で動画コンテンツの視聴が定着

コロナ禍の外出自粛要請による巣ごもり需要の増加で、動画視聴のニーズが高まったことも大きな理由です。多くのユーザーが動画コンテンツに触れるようになり、動画広告を目にする機会も増えました。

動画マーケティングの3つの目的とは?

動画マーケティングの3つの目的とは?
このように、今後さらなる拡大を見込める動画マーケティングですが、どのような目的で制作されるのでしょうか。3つ紹介します。

1. 認知度UP|商品やブランドの認知度を上げるため

1つめは、商品やブランドの認知度を上げる目的です。動画を通じてイメージやコンセプトなどを伝え、見る人に理解を深めてもらいます。

2. ブランディング|商品やブランドの魅力を伝えるため

2つめは、商品やブランドについて広告し、アピールする目的です。ただ知ってもらうだけでなく、魅力を感じて好きになってもらうことも大切。好感度を上げて次のステップへ進みます。

3. 購入意欲の促進|オンライン購入につなげるため

3つめは、動画の視聴者の購買意欲に訴えかけることです。認知してもらい、好きになってもらえれば、あとは購入してもらうのみ。

かつては何かを買うといえばお店で購入するのが一般的でしたが、外出を控えるようになりネットショッピングの需要も高まっています。動画マーケティングを行うことにより、オンラインでの購入のハードルを下げ、より効率よく購入につなげましょう。

押さえておきたい! 動画マーケティングを導入するメリットと注意点

押さえておきたい! 動画マーケティングを導入するメリットと注意点
前章のような目的に有効な動画マーケティング。ここでは、導入するメリットと、始める前に押さえておきたい注意点についてお伝えします。

ここがおすすめ! 動画マーケティングを導入する4つのメリット

まず、動画マーケティングを行うことのメリットを4つ紹介します。

1. 文字や画像に比べて伝えられる情報量が多い|細かなニュアンスもOK

動画の場合、静止画や文字に比べてたくさんの情報を伝えることが可能です。映像と音声や音楽などが組み合わさっているため、視覚と聴覚の両面から訴えることができます。

さらに、テキストや画像では伝えづらい細かい部分も、動きによって伝えられるというメリットがあるのです。

2. 拡散されやすい|視聴のハードルが低い

動画の視聴者は子どもから高齢者まで幅広い年齢層のため、多くの世代の目に触れる機会ができます。さらに、動画を見た人が興味を持ったり共感したりしてSNSなどで拡散してくれた場合、一段と広告効果UPを狙えるでしょう。

3. 比較的低予算での制作も可能|プラットフォームを選べば維持費ゼロ

動画マーケティングを行える媒体は幅広くあり、テレビCMなどに比べると広告費は安いです。TwitterやYouTubeなどのプラットフォームを選べば維持費もかかりません。そのため、多くの予算を割けない企業でも導入しやすいといえます。

4. 効果の検証がしやすい|より戦略的なマーケティングが可能に

動画の再生回数や視聴時間などのデータを得られるため、検証しやすい点もメリットです。データを把握し細かく分析することで、より効果的なマーケティングが行えるようになります。

ここに気をつけて! 動画マーケティングを導入する際の3つの注意点

上記のようにメリットの多い動画マーケティングですが、注意点もあります。3つの点を解説していきます。

1. 制作には時間とコストがかかる|自社制作が難しい場合も

1つめとして、動画の制作は、自社で行う場合でも時間とある程度のコストがかかることが挙げられます。また、社内に動画の編集に精通している人がいなければ、自社制作は難しく専門家などに外注しなければならないため、さらに費用がかさむ恐れがあります。

2. ユーザーがすぐに離脱する可能性がある

動画では、どこに欲しい情報があるのかがわかりづらい構造になっています。そのため、テキストリンクに比べ、ユーザーがすぐに知りたい情報へたどり着けないこともあるのです。

YouTubeでは最初の20秒で5割の視聴者が離脱するというデータもあり、せっかく時間をかけて作り込んだ動画でも、最後まで見てもらえない可能性もあります。

3. 作り直しには労力が必要|差し替えできないことも

動画の効果検証はしやすいものの、よい結果が得られず作り直す場合には再度コストと時間がかかります。プラットフォームによっては、差し替えではなく別の投稿としてアップロードしなければならない場合もあるため注意しましょう。

どんな方法があるの? 動画マーケティングの手法とは

どんな方法があるの? 動画マーケティングの手法とは
ここからは、実際の動画マーケティングのやり方、どんな媒体で動画を公開するのかを紹介します。

1. Webサイトに動画を埋め込む|静止画から動画へ

1つ目は、自社のオウンドメディアなどのWebサイトにマーケティング動画を埋め込む方法です。静止画だったところを動画に差し替えたり、新たに動画を公開するスペースを設けたりして掲載しましょう。

2. 動画広告として出稿する|YouTube・Twitterなど

YouTubeやTwitter、Instagramなどに動画広告として出稿する方法もあります。媒体によって向き不向きがあるため、ターゲットや動画の長さなどを考慮して配信先を選びましょう。Twitterはリアルタイム性があり拡散力が高く、当たれば大きな反響が期待できます。

3. 公式チャンネルを運用する|YouTubeなど

YouTubeなどのプラットフォームに自社の公式チャンネルを作って、動画を投稿しながら運用する方法もあります。投稿を蓄積し、だんだんチャンネル登録者(ファン)が増えてくれば、ファンと接点を持ちつつ情報を発信することが可能です。

4. 自社SNSの投稿に利用する

自社のSNSアカウントにマーケティング動画を投稿するのもおすすめです。

3とも関連しますが、自社のファンであるフォロワーに見てもらえるだけでなく、拡散されたり、ハッシュタグをうまく使ったり、「おすすめ動画」として取り上げられたりすることで、それまで接点がなかった相手にも見てもらう機会を得ることができます。

5. これまでの広告バナーを変更する|静止画から動画へ

これまで静止画だった広告バナーを動画に差し替える方法もあります。LINEやTwitterなどでは動画広告用のメニューが設けられました。画像に比べて高い反応が期待できるでしょう。

6. インフルエンサーの力を借りる|プロモーション

フォロワー数が多く影響力の高いインフルエンサーに依頼して、プロモーション動画を制作・配信するのもよいでしょう。ターゲット層に合うフォロワーを持つ人であれば、より適任です。

たくさんのターゲットにリーチさせ、コンバージョン(購入などのアクション/成果)や拡散を狙いましょう。

7. オフラインで広告出稿する|デジタルサイネージ

オンラインでのマーケティング以外に、オフラインで動画を活用するやり方もあります。店頭POPや、駅構内・街中などで見られるデジタルサイネージ(電子看板)として配信する方法です。

動きがあって視認性が高いため、ただ通りがかっただけの人の目にも留まりやすくなります。

魅力的な動画を作るには? 動画マーケティングを成功させる5つのコツ

魅力的な動画を作るには? 動画マーケティングを成功させる5つのコツ
動画マーケティングには多様なメリットや方法があることがわかりました。つづいては、より魅力的な動画を制作してマーケティングを成功させるコツをお伝えします。

1. 制作に取りかかる前に|目的とターゲットを決めよう

動画の制作を始める前に、まずは明確な目的とターゲットを決めておくと方向性がブレずに定まりやすくなります。誰に、何のために情報を届けたいのかを絞り込みましょう。

2. 配信媒体・制作方法や予算を決める

次に、どの媒体で配信するのか、誰が制作するのかを決めます。ターゲットにマッチしない媒体を利用しても、思うような反響を得られない可能性があるため、利用者層などを考えることも重要です。

また、配信先や制作者により費用が変わるため、どれくらいの予算を割けるのかも確認しましょう。

制作会社に依頼する場合|実績などをチェックしよう

制作会社などに動画の制作を外注する際は、過去の制作実績やサポート体制をチェックし、依頼するメリットが十分に得られるか(費用対効果)を慎重に判断しましょう。

3. 構成を練る|離脱ポイントを減らす工夫

つづいて、どのような動画にするかという構成を作っていきます。序盤でインパクトを持たせて引き込む、速いテンポで多くの情報量を盛り込むなど、視聴者を離脱させにくくする工夫を行いましょう。

4. 制作する|配信媒体に合った動画に

いよいよ制作に移ります。2で選んだ配信媒体に適した動画を制作しましょう。外注した場合は、制作会社と連絡を取りつつ完成させていくため、要望を伝えたり意思疎通をしたりと手間がかかります。しかし、その分高いクオリティに期待できるようになります。

5. 公開して効果をチェックする|問題があれば改善を

動画ができあがったら公開予定の媒体に投稿し、効果を測定しましょう。問題があるようなら適切な改善を行い、再び公開するというサイクルを繰り返し、コンテンツを最適化していきます。

魅力的な動画を制作してユーザーの興味をつかもう!

魅力的な動画を制作してユーザーの興味をつかもう!
動画マーケティングとはどのようなものなのか、特色やメリットなどもご理解いただけたことでしょう。上手に活用すれば、多くの人にアプローチすることが可能です。

動画コンテンツの需要が高まっているなか、動画を利用したマーケティングの手法はますます発展していくことが予想されます。魅力的な動画を制作してユーザーの興味を引き、自社のファンを増やしていきましょう。

KOUTENは、動画撮影に必要な機材や環境を整えております。スタジオでマーケティング動画を撮影したいとお考えの場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連するキーワードで他の記事を探す